【厚手オーダーマット価格】送料無料・短納期

テーブルマットの厚みについて

透明テーブルマット工房では全ての透明マット商品の厚みを2mmに統一しています。
ホームセンター等で一般に市販されている透明マットの材料である塩ビのシートは、国内または海外の化学品メーカーで製造され、その厚みは薄いシートであれば0.1mmからありますが、店頭の切売りシートの標準の厚さは1~1.5mm前後が多いのではないかと思います。

2mm、3mm、5mmとビニールシートも製造されていますが、店頭では厚くても3mm、5mmのシートを取り扱っているお店は少ないでしょう。
極薄から厚手のシートがありますが、テーブルマット用として取り扱われている塩ビシートの厚みは、1mmから3mmぐらいまでのものが標準として販売されています。 

なぜ厚みは2mmがいいのか

当店が、透明マットの厚みを決める際に、様々な厚みのシートを試しました。
また実際にオフィスや家庭でテーブルマットを使用されている現場も見せていただいたり、テーブルマットを販売している現場に足を運び、マットの厚みの違いによる使い勝手や印象を確認しました。

(お客様提供写真)

その結果、選んだのが2mmです。
1mmはペラペラしていて見た目からも薄く、すぐに採用外になりました。

1.5mmのマット製品は市場でもよく販売されている厚みです。
1mmのマットと比較するとしっかりしていて厚い感触はあります。
しかしながら重厚感がなく、物足らない印象が拭えません。
さらに2mmのマットと比較すると1.5mmの薄さが際立ちました。
2mmのマットは厚みがしっかりしていて、重厚さもあります。

そんな選考をしている段階で、ある企業の社長室のテーブルマットを見せてもらった際、
そこで使用されているのが2mmの厚みのマットでした。
社長室の立派な机にも見劣りしない厚みで、卓上の感触も柔らか過ぎず、堅過ぎずないさわり心地で、仕事もしやすい印象がありました。

マットの厚みが薄いとテーブルの堅さが直接伝わり、柔らか過ぎると筆記などがし難い場合があります。

さらに3mmの厚みも検討しました。
その重厚感ある厚みには問題ありませんでしたが、厚みがある分、材料費が高くなり、販売価格が高くなるデメリットが生じます。

(お客様提供写真)

そこで厚みも充分あり、料金的にも安い2mmの塩ビマットを採用することとなりました。

(お客様提供写真)

満足度96%生の声

価格はこちら

注文はこちら

追加加工

注文はこちら