sokutei

テーブルサイズの測定について

テーブルは個体差があります。
メーカー表記サイズではなく、お客様ご自身で測定することをおススメしています。

確認いただきたいこと

  • テーブルの縁の形状について
  • 辺は真っ直ぐですか(四角形の場合)
  • 四隅の形状(四角形の場合)
  • 円形の測定方法

◆ テーブルの縁の形状について ◆

テーブルの縁が丸い形状または段差がある場合は、表板の平らな面のみを測って頂く方がテーブルに敷いたときに美しく見えます。
下図のようにテーブルからはみ出した部分は布のように垂れ下がりません。

<テーブルの平らな部分の測定例>

縁に段差があるテーブルの測定について


テーブルマットのサイズはテーブルの内寸になります。
実際にご使用になっているお客様の感想を参考にしてください。>>お客様のご感想

◆ 辺は真っ直ぐですか(四角形の場合)◆

四角いテーブルでも辺が緩やかにカーブしている場合があります。定規や紙を辺に当てて、直線になっているか確認してください。
もし、カーブしている場合は曲線サイズを計測いただく必要があります。測定方法はこちらへ ≫

◆ 四隅の形状(四角形の場合)◆

マットの角を丸角に(無料)
テーブルの角が丸い場合は、マットも丸角にできます。
小さな丸みから、大きな丸角まで対応しています。
R定規で簡単測定

丸角を測定するR定規をネットからプリントできます。
測りやすい透明のR定規も購入予定の方に郵送しています。丸角の測定ページ
直角でも丸角R3mmがおすすめ
四角いテーブルでもマットの角を少し丸くするとスッキリします。
一番小さなR3mmはクレジットカードの角の丸みサイズです。
丸角R3mmにした事例写真

◆四角形・円形以外のマットもオーダーできます

下記の形状も追加料金なしで、ネットからご注文いただけます。オーダー方法は下の画像をクリックしてください。


短辺曲線のRサイズの目安

短辺とR値の対比

800×1200mmのテーブルで短辺のカーブを見てみましょう。

短辺が800mmですから
短辺:R値の比では左図のような形状になります。
[単位mm]
2:1 = R400(両側半円)
4:3 = R600
1:1 = R800
4:5 = R1000
2:3 = R1200
1:2 = R1600

短辺のR値は必ず短辺の長さの1/2以上の大きさになります。
R値の測定方法はこちらへ ≫


長辺曲線のRサイズの目安

長辺とR値の対比
800×1200mmのテーブルで長辺のカーブを見てみましょう。
長辺が1200mmですから
長辺:R値の比では下図のような形状になります。
[単位mm]
1:2 = R2400
1:3 = R3600

1:4 = R4800
1:5 = R6000

1:8 = R9600
1:10 = R12000

R値が大きくなるに連れ緩やかなカーブになります。
R値の測定方法はこちらへ ≫

◆ 特殊な形状 ◆

L字型や穴あけは有料にて可能

配線を通す穴やL字カウンター、柱の部分をカットするなど、ご希望の形状にマットを仕上げます。
簡単な図面とプラス特別加工料金
マットは自動機械でカットするので、全てのサイズが必要です。
手書き等の簡単な図面を写真でメールしてください。
プラス特別加工料金が必要です。
 特別加工(穴あけ、L字ほか)の注文方法 ≫

その他、オーダーできるか不明な場合は、手書きで結構ですので形状とサイズを記して、お写真に撮って、下記アドレスへお送りください。

[テーブルマットの価格・注文ページ]

大きいサイズはカット機械の事情により仕上り(切断面)に特徴があるため別ページにしています。