透明テーブルマットの角を丸くオーダーする方法と写真事例

テーブルマットのレビュー写真

透明テーブルマット工房では、ご自宅やオフィスのテーブルサイズに合わせて、

テーブルマットをオーダーカットしています。

当店の販売サイトから、テーブルの縦と横のサイズをオーダーいただければ、

工場にて自動カット機械でカットいたします。

 

【テーブルマットの角の丸みについて】

通常、縦と横のサイズだけのオーダーでしたら、

四隅の角は、直角の仕上りになりますが、

お使いのテーブルの中には、テーブルの四隅の角が、

直角ではなく丸みのある丸角になっているテーブルをお使いの方もいらっしゃるかと思います。

透明テーブルマット工房では、

テーブルの丸みに合わせてコーナーカットも無料で承っています。

 

ただし、お客様よりコーナーの丸みのサイズをオーダーいただく必要があります。

丸みのカーブは、R(アール)サイズでオーダーください。

 

Rとは、丸みの半径です。

オーダーいただけるRサイズは、

最小がR3mmとR5mm以上から5mm単位でオーダーいただけます。

 

 

【Rの測定について】

透明テーブルマット工房では、

ご自宅でRサイズを測定いただけるR測定簡易定規を提供しています。

 

ご自宅のプリンターでプリントアウトもできますし、

ご希望の方には、透明で測定しやすいR測定簡易定規を無料でお送りしています。

 

R測定簡易定規のプリントアウトまたはご請求については、

こちらのページでご案内しています。

 

 

これより以下の写真は、

透明テーブルマット工房で実際にオーダーいただいたお客様の写真です。

お客様レビュー写真の中から、コーナーのカットを丸角でオーダーいただき、

丸角の様子がわかりやすい写真をだけを集めてみました。

こちらは、角の丸みに加えて、

テーブルの淵に段差があるタイプのテーブルですね。

 

当店では、厚み2mmの分厚いビニールマットを採用しているため、

マットをテーブルより大きくしても、

薄手のビニールクロスのように垂れ下がることがありません。

テーブルの平らな面のサイズに合わせてオーダーされることをお奨めしています。

 

 

 

こちらは、テーブルコーナーの様子が大きくわかる丸角の写真です。

 

 

こちらのテーブルは、丸みが少しだけあるテーブルです。

 

 

テーブルコーナーが大きく丸くなっている丸角テーブルです。

しかも、テーブルの淵には段差があります。

テーブルの平らな面で、縦横のサイズと、丸角Rサイズを測定してください。

 

 

こちらも丸角の様子がよくわかるテーブルコーナーのアップ写真です。

 

 

丸角テーブルを上から見た写真です。

 

 

こちらのテーブルコーナーの丸みもやや小さめの丸角です。

丸角が小さくても、直角の仕上りだとマットの角が飛び出るので。

丸角カットがお奨めです。

 

 

こちらのテーブルのコーナーは、大きな丸みのあるテーブルです。

丸みに合わせて丸角オーダーをいただきました。

 

 

テーブルコーナーをやや側面から撮影していただいた写真です。

角が丸いのと、テーブルの上に、オーダーのビニールマットが乗っているのがよくわかります。

 

 

以上、テーブルの丸角に合わせて、

コーナーのRのカットのオーダーいただいたお客様の写真でした。

ご参考にしていただればと思います。

 

 

 

150600