コーナーカット(Cカット、隅切り)の透明テーブルマット、オーダー事例

テーブルマットのレビュー写真

 

透明テーブルマット工房では、角が隅切りされた8角形の透明マット(ビニールマット)も、

通常のオーダーにて追加料金なしでコーナーカット(Cカット)いたします。

8角形テーブルマット

 

 
すでに当店で8角形のコーナーカット(Cカット)を

オーダーされたお客様の写真があるので、ご紹介いたします。

オーダー時のご注意事項も案内しているのでご参考にしてください。

こちらはリビングテーブルでしょうか、

四隅の角が隅切りされて、8角形になっていますが、

テーブルの形状に合わせて透明マットをコーナーカットしました。

 

 

 

こちらのダイニングテーブルも四隅の角が少し隅切りされて八角形になっています。

八角形の角が尖っている透明マットが嫌な場合は、

透明マットの八角形の角にR(丸み)を付けることが可能です。

 

八つ角の丸みのRは、最小サイズの丸みがR3㎜です。

大きく丸みを付けたい場合は、R5mmから5mm単位でオーダーください。

(例えば、R10mm、R15mm・・・)

 

 

こちらもダイニングテーブルです。やや大きめの隅切りがされているので、

コーナーカットをしたのがよく判ります。

 

 

こちらも写真ではやや判りづらいですが、

隅切りがされたダイニングテーブルです。

Cカットでテーブルマットをオーダーをいただきました。

 

 

こちらも隅切りされたダイニングテーブルで、

コーナーカット(Cカット)でテーブルマットをオーダーをいただきました。

 

 

テーブルの外周(縁・ふち)に段差があったり、

斜めに下がっていたりするテーブルの場合は、

テーブルマットは平らな面に設置することをおすすめしています。

縁(外周)の段差の部分や、下がって斜めになっている部分も含めて、

テーブルマットをオーダーいただくと、

マットを敷いた時に、外周・縁の部分はマット浮いてしまいます。

透明マットの厚みは2mmあるので、垂れ下がりません。

 

 

 

こちらはテーブルの上にモニターが設置されています。

オフィスの会議テーブルか、商談テーブルでしょうか。

こちらのテーブルも8角形のコーナーカットの形状です。

 

 

 

以上、コーナーカットされたテーブルに合わせて、

透明テーブルマットをオーダーいただいた写真です。

 

オーダー時は、テーブル設置面の縦と横の最大サイズと、

コーナーカットのサイズをご指定いただく必要があります。

さらに、8つ角に丸みをつけたい場合は、丸みのRサイズもご指定ください。

 

四つ隅の全てではなく、1箇所だけ、2~3箇所のコーナーカットも追加料金なしで承ります。

ただし、複数(2~4)のコーナーカットをする場合で、

サイズ違いのコーナーカットは承っておりません。

 

コーナーカットをされるときの測定方法はこちらのページをご参考にしてください。

 

オーダーメイドの料金は、縦と横の最大サイズが基準となります。

料金ページ

 

 

 

テーブルマットのレビュー写真